40代サラリーマン禁煙してます!

禁煙は簡単にできる!

40代でもオシャレはできる

f:id:mitsuru-inte-r:20190925061050j:image

 

今日は禁煙から全く趣向を変えた完全に自分の趣味の記事を書きます。

40代シリーズ(勝手にシリーズ作ってしまった)で、タイトルは「40代でもオシャレはできる」ということで、ファッションの話をします。

40代のサラリーマンって、土日しか私服着ないし、ファッションに興味がない人が多いことでしょう。

普段は嫁さんが買ってきたものを着るか何年も前に買ったお気に入りの服を着てるのではないでしょうか。

私も何年も前に買った服を着てる一人でした。ただ40代になって少しダンディになりたいなと思い、ジャケットスタイルをしてみようとしたところから、ファッションの楽しさにハマってしまいました(笑)

 

そこで先週金曜日に発売されたユニクロUを見に先週金曜日にショッピングに出向いたので、今回はそれを記事にします。

 

ユニクロを知らない人はいないと思いますが、その中で特別コレクションとして春夏と秋冬に発売される「ユニクロU」をご存知でしょうか?

 

ユニクロUとは?

2016秋冬シーズンから毎年春夏シーズン1回(2月3月、秋冬シーズン(9月10月)1回に出てるユニクロの特別コレクションです。

始まりは世界的有名なデザイナー クリストフ・ルメールとのコラボの2015秋冬のユニクロルメールとなっており2015秋冬、2016春夏とコラボし、2016秋冬から「ユニクロU」として特別コレクションを展開中です。

クリストフ・ルメールと聞いて、ジョッキーだと思った人もいるかもしれませんが、ジョッキーとは別人です。

クリストフ・ルメール氏はラコステエルメスのディレクターを歴任していて、アパレル業界ではかなり有名なデザイナーです。

その有名なデザイナーとユニクロのコラボだからこそ特別といえるラインナップとなっています。

 

ユニクロUの値段は?

f:id:mitsuru-inte-r:20190926054130j:image

 

f:id:mitsuru-inte-r:20190926054143j:image

 

f:id:mitsuru-inte-r:20190926054231j:image

出展:ユニクロ

値段

アウター類 5990円〜17900円

ニット類 3990円〜5990円

ボトムス類 3990円

シャツ類 1000円〜2990円

ユニクロU」はユニクロでも大型店でしか扱っていません。値段は普段のユニクロより少し高いくらいです。

しかし、有名デザイナーが関わってることから服のデザインはユニクロにはないものとなっていて、特別コレクションと呼べるのにふさわしいものです。

 

・購入したもの

f:id:mitsuru-inte-r:20190926065909j:image

出展:ユニクロ

コーデュロイジャケット7990円

 

f:id:mitsuru-inte-r:20190926065827j:image

出展:ユニクロ

ワイドフィットテーパードコーデュロイパンツ3990円

 

以上のコーデュロイの色はダークブラウンのセットアップになります。

 

最近のトレンドはセットアップものです。セットアップとは同じ生地の素材の上下揃いの服のことを言います。

私がが購入したコーデュロイのセットアップはリラックスフィットで仕事着のスーツと間違われないようなデザインとなってます。

 

今年の秋冬はこれを着こなしてみたいと思ってます。

 

40代の方も今回のユニクロの特別コレクションみてきてはいかがでしょうか。

ちなみに「ユニクロU」は一部店舗のみの取り扱いですので、詳細はユニクロの公式ページで確認してみてください。

 

ユニクロUを買ったからってオシャレにはすぐなりませんが、何年も同じものを着てるなら、ユニクロやGUでもいいので新しいものに新調するべきだと思います。

 

古くシワのよったブランドは服よりシンプルで新しい服を来た方がオシャレに見えるものです。しかも、ユニクロの作りはしっかりしてるし、ベーシックな服が多いので非常に使いやすいです。

そんなユニクロの服でも「ユニクロU」は世界的なデザイナーとのコラボで低額なので使いやすいです。通販でも購入できますので興味あったらユニクロホームページ覗いてみたください。

 

今回は禁煙と全く関係のない私の全くの趣味の記事となってしまいました。

ちょいちょいファッションの話も入れていきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

値上げ来たる!10月からたばこ10円値上げ

f:id:mitsuru-inte-r:20190924211026j:image

10月から消費税10%へ変更に伴い、たばこはほとんどの銘柄で10円upとなります。今回は10円アップだけなので、愛煙家の皆様にはそこまで影響はないと思います。

 

しかし、2020年、2021年もたばこ税の改定が予想されていて、さらに値上がりするのは間違いないでしょう。愛煙家にとっては辛い状況でしょう。

 

そこで、ここ最近のたばこの値上がりを見てみましょう。

 

・たばこの値上がり年表

一般的なJTメビウス(旧マイルドセブン)の価格で見てみましょう。

メビウスマイルドセブン)の価格の推移

1997年 220円→230円  消費税3%→5%

1999年 230円→250円 たばこ特別税創設

2003年 250円→270円 たばこ税増税

2006年 270円→300円 たばこ税増税

2010年 300円→410円 たばこ税増税

2014年 410円→430円 消費税5%→8%

2016年 430円→440円 たばこ税増税

2018年 440円→480円 たばこ税増税

 

となっています。

2010年のたばこ税増税は110円アップとなっていて愛煙家の負担がかなり増えた。

2009年に政権交替で民主党が政権か交替により、2010年のたばこ増税を決めたこともあり大幅なアップとなったと思われる。

その後の9年でも70円アップ、今年の増税で80円アップとなります。

 

前回の大幅アップの時に愛煙仲間で「たばこの値段いくらになったらやめる?」みたいな話題をしていて500円以上なったらやめるかなとか話してた記憶があります。

 

今後10年を考えてもさらに値上がりするのは間違いない状態になってます。

 

・たばこの値段1箱いくらになったらやめますか?

あなたは1箱いくらまでなら吸い続けますか?

先ほどの値上がりの歴史を見てみて、9年前にはすでに400円を超えていたことを考えてビックリしてました。

9年も前からそんな高かったんだと気付きました。

9年で換算すると1年15万円のたばこ代と仮に換算するとたばこに135万円も消費したことになります。軽自動車1台を買えてしまう金額です。

 

10年に1回車乗り換えると考えたら、たばこやめたらかなりの節約できるでしょうね。

 

さらに欧米ではすでに1箱1000円を超えてる国もありますので、そのうちそれくらいにはなっていくでしょう。

次に大幅アップする時にも前回と同様にいくらになったらやめるというでしょうけど、さすがに1000円超えてくると今の愛煙家の半分はやめるのかなと思います。

1日1箱吸うとして1ヶ月で3万も消費が許されるできる日本の家庭は少ないでしょう。

 

今後も値上がりが間違いないたばこ、あなたはいつまで続けますか?

 

今回の10円の値上がりを機に禁煙してみてはどうでしょうか?

 

 

祝!禁煙100日達成、1本お化けに負けるな

f:id:mitsuru-inte-r:20190923071443j:image

最近は睡眠障害がかなり改善されてきたミッチです。しばらく悩まされてきましたが、先週くらいからだいぶ改善されました。特に何もせず、かかりつけの病院の先生に言って、安定剤だけ処方してもらいました。ただその薬も1回薬飲んだだけです。特に何もせずに改善されてきて良かったです。

 

最初から話がそれてしまいましたが、考えたら禁煙100日達成していました。

100日経過するとほとんどタバコを意識しなくなります。ただなぜか、この時期、1本お化けの出現率が高くなってきます。

 

禁煙80日たったときに書いたブログくらいから1本お化けが頻繁に出てきてます。

何度も、私は3ヶ月前後に1本お化けに屈してしまい喫煙者に戻ってしまったことが多かった。

この時期くらいになると日常的にはタバコを吸いたいとは思わなくなってるので、「1本くらい吸っても大丈夫だろう。1本だけ吸って、また吸わないよ」と思ってくる時期です。

先のブログでも書いてますが

  1. 喫煙者に近づかない
  2. 飲み会は避ける

で、「1本お化け」に屈しないようにしたいです。

 

またここまで達成できたのもこのブログを始めて、読者の皆さんに宣言することによって自分を戒めれたからでしょう。読者の方々、本当にありがとうございます。ブログを読んでいただくことが励みになりました。

これからも、しばらく1本お化けは誘惑してくるでしょうがそれに負けずに続けていきます。

 

100日達成できて禁煙は一区切りついたかなと思いますので、ブログには私の趣味のことをちょいちょい入れていこうと思ってます。

 

今後もよろしくお願いします。

 

 

 

 

禁煙の道は1回にして成らず

f:id:mitsuru-inte-r:20190917195902j:image

禁煙しようと思って1回チャレンジしてみたが、我慢できずに失敗してしまった。という人はかなりいるはず。今回はそんな人に見て欲しい記事です。

 

・禁煙は何回も挑戦するべき

今回は「ローマの道は1日にして成らず」ということわざをパクってみました。この意味はローマ帝国という国を築くには何百年もかかったということで、立派なことや物は長年の積み重ねがあって完成するという意味です。

 

禁煙も同じで1回で成功する人もいるでしょうけど、何回も失敗して現在も喫煙者という人もいるでしょう。

 

1回だけ禁煙にチャレンジして失敗して、もう自分には禁煙ができないと思ってる人で、まだ少しでも禁煙したいなと思っているなら、何度でも挑戦してみるべきです。

 

タイトルの通り、禁煙は1回だけで成功しないので、何回も挑戦するべきということを伝えたいです。

 

禁煙失敗したことを経験にして、なぜ失敗したのか、1番辛かった時期はいつだったのか、何を考えたらタバコのことを考えず気を紛らすことができたかということを考えて再度挑戦しましょう。

 

意外に私のように何回も禁煙に挑戦してる人もかなりいます。

 

1度失敗した直後って、また禁煙チャレンジするにはある程度期間をおいてからではないと再挑戦するのは厳しいです。しばらくはもう禁煙できないなと思ってしまいます。

 

ただまだ2,3日しか禁煙したことないとか1週間しかできなかったとかいう人は禁煙の経験的には無いに等しいです。禁煙のステージ1もクリアできてないです。ちょっとだけ禁煙して苦しかったからすぐ吸ってしまったというところでしょう。

 

ここで諦めてる人はまだ禁煙する目的をしっかり持ってなかったと思います。もう一度、何で禁煙しようと思ったのか、禁煙できたらどうなりたいのかということを考えてみる必要があるあります。

 

禁煙は誰でもできます。しかも禁煙できる人が意思が強いわけではありません。どんなヘビースモーカーでも禁煙に成功した人はいっぱいいます。もともと男性の喫煙率は80%あったのです。現在の男性の喫煙率は30%きっています。あなたの近くにいる禁煙者を思い出してみてください。その人はあなたより意思が強そうですか?あなたとそんなに変わらないはずです。むしろ自分より意思が弱そうな人が禁煙に成功してる人いるいませんか?

 

禁煙にチャレンジして失うものは全くありません。「自分は無理だ」と諦めるのではなく、自分より意思が弱そうなアイツが禁煙したんだから、自分も禁煙できると思ってください。

1回試して無理だったからもうできないではなく、最初失敗したけど、2回目チャレンジしてみたら、そんなに辛くなかったということもあります。

 

・禁煙はタイミングも重要

禁煙は禁煙の意思をしっかり持つことも必要ですが、タイミングも重要です。

 

禁煙の施設ではあなたはタバコ吸わないですよね。そこは病院かもしれないし、海外旅行の飛行機かもしれません。そんなとこではさすがにタバコ吸わないでしょう。禁煙場所ではあなたはタバコを吸わなくても大丈夫なはずです(内心は吸いたいでしょうけど)。例えば入院したとか海外旅行へ行ったとかのタイミングで禁煙をするのも賢いやり方です。そんなタイミングがあると意外にすんなり辞めれる時もあります。

 

この前の禁煙ではすごく辛かったのに今回そうでもなかったということもあるかもしれません。

 

何回でも言うように禁煙して1番辛い時期は2,3日、そして禁煙始めてから1週間くらいが1番重要な時期です。

ここを過ぎると体ではニコチンを欲しません。心理的に今まで吸ってたタイミングや場面だったりで欲しくなる心理的欲求により欲しくなるだけです。

 

ただ禁煙してから何年かたってても1本吸ってしまうとまた喫煙者へと戻ってしまうので注意です。

 

ちなみに私の周りでも禁煙3ヶ月終わって安心したのかタバコを吸ってしまったという人がいますが、今回だけタバコ吸おうと思って買ったと思います。しかし、その人はたぶんこのまま喫煙者に戻ると思います。1本お化けにやられてしまったのでしょう。

 

少し長めに禁煙できてる方もくれぐれも「1本お化け」には注意してください。

 

私の経験上、しばらく喫煙者に逆戻りになってしまいます。

 

まあ、それでも以前、禁煙できなかったからもうできないと思わず、少しでも禁煙したいと思うなら、タイミングを見計らってチャレンジしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

禁煙中の最大の敵「1本お化け」

 

f:id:mitsuru-inte-r:20190913062700j:image

禁煙中の最大の敵「1本お化け」とは?

この記事のタイトルは大袈裟なタイトルにしてますが、私が度々「1本お化け」と言ってるものの正体はは禁煙中の「1本だけ吸っていいだろう」という欲望です。

 

なぜ、「1本お化け」と名付けたのか?というと、禁煙中に度々出現し、それに負けて1本吸ってしまったら、1本で済まず、そのまま禁煙失敗となってしまうからです。

 

この前の記事に書いた禁煙の理由をしっかり持って、いざ、禁煙となってから、この「1本お化け」との戦いになります。

「1本お化け」の出現率の高い順と対処法

 

1.禁煙初日

禁煙初日は、当然出現率多いです。

例として、寝て起きてから禁煙開始となった場合で考えます。

朝起きてから、まず現れ、朝ごはん食べて、また現れ、通勤の支度し終わって、さあ一服。と朝から次から次へと顔を出してきます。

この辺は禁煙したばかりで、さあやめようと思っているのでなんとか乗り切れると思います。 

その後、昼食食べた後くらいが「1本お化け」山場となるでしょう。

その後も仕事して、ちょっとした隙に「1本お化け」は顔を出してきます。

仕事終わった後、夕食を食べた後と家に帰って落ち着いた時、寝る前と常に顔を出してくるので、もうシカトするしかありません。

 

2.禁煙2,3日目

この2,3日目が「1本お化け」との戦いの最大のヤマ場になります。

 

初日よりは出現率は減ると思います。ただ「1本お化け」が顔を出してくるときはかなり強烈になってます。

「1本お化け」はあらゆる手を使って喫煙者に戻そうとしてきます。

『喉から手が出る』という表現がわかるようになるくらいの時もあるくらいです。

この2,3日で「1本お化け」に屈してしまうと、最初の1日目の苦労の意味が全くなくなってしまいます。

ちょっと、考えてみてください。喫煙者が1日タバコ吸わない状況ってありえません。それをあなたは乗り越えたのです。

ここで、屈してしまうと全く1日目の意味がなくなってしまいます。

なんとか耐えて意味あるものにしましょう。

それでも、どうしても欲しいと思ったら、タバコを吸わず、「ニコレット」のようなニコチンガムをかじってください。このニコチンガム、ハッキリいってまずいです(笑)。舌がピリピリする感じがあります。ただその舌の感覚は最初の頃だけでかじっていればだいぶ薄れます。

 

ニコチンガムはニコチンが含まれているので、これをすることにより「1本お化け」の力はよわまります。禁煙中、なるべくニコチンは取り入れない方がいいですが、もうダメだと思った時に試すようにしましょう。

 

3.禁煙4日目から1週間くらいまで 

この期間は初日と2,3日目に比べたらかなり「1本お化け」の出現確率は減ってきます。

ただまだまだ出現してきます。この頃だと2,3日目に比べると誘惑は少し和らぎます。

いつも吸ってたタイミングに「1本お化け」は現れ、あなたを喫煙者に戻そうとしてきます。

 

ただ2,3日目はニコチン切れの禁断症状のピークであり、それが過ぎてるので、体としての禁断症状は和らいでます。

 

習慣によるいつもタバコを吸ってた状況になった時にタバコを吸いたいと思ってしまいます。

ここで「1本お化け」に屈してまうと、せっかく1番辛かった状況を乗り越えたのにその辛い状況が無意味になってしまいます。

この期間にタバコを吸ってしまって、失敗してしまうケースが1番多いのかなと思います。

タバコを2,3日吸わないってことは喫煙者にはもうできないでしょう。ここで吸ってしまえば、もう禁煙は失敗です。なんとかこの1週間を乗り越えれば禁煙成功に近づきますので、タバコを吸いたくなったら、キシリトールガムをかじって代用しなんとか1週間を乗り切りましょう。

 

4.禁煙1週間〜

禁煙1週間以上超えたら、「1本お化け」の出現率はかなり下がります。

1週間目、2週間目、1ヶ月目、2ヶ月目といった節目に少し強く現れることはありますが、かなり勢力は弱まってます。

1週間乗り超えたら、節目節目に「1本吸ってもいいだろう」というのをクリアしていければ禁煙は難しかありません。

ここで、大事なのは心の隙を作ってしまいついつい吸っちゃったということがないように気をつけなければなりません。

1週間超えて禁煙したのに1本のせいで今までの苦労は全く無意味となってしまい、それだったら禁煙しない方が良かったとなってしまいます。

無駄にストレスを溜めて禁煙してたのが無駄にならないよう気を引き締めましょう。

 

禁煙2ヶ月以上続けれたら、日常的に「1本お化け」は出てきません。タバコを意識することもなくなってます。

もし、まだ意識に出てくるとしたら、禁煙を始める時にやめる理由をしっかり持ってないことが原因で辞めれないのだろうと思います。

 

禁煙する理由をしっかり思い出して、なんとか禁煙できたと言えるようになりましょう!

時間がたてばタバコのことなんか忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

禁煙で1番大事なこと。タバコをやめる理由をしっかり持つ。

f:id:mitsuru-inte-r:20190911193511j:image

 

今回は禁煙をやめるにあたって一番大事なことは何かということについて話題にします。

タイトルにも書いてある通り、禁煙する時に1番大事なことはやめる理由をしっかり持つことです。

 

ただ漫然に「タバコやーめた」と思っても簡単に禁煙はできません。

 

以前の記事「禁煙を成功させる2つのマインド」にも書いてます。

 

なぜ、やめる理由をしっかり持つ必要があるのかということについて考えます。 

 

1.誘惑に負けてしまう

タバコはコンビニとかで気軽に買える物です。気軽にタバコやめようと思ってやめたとしましょう。

喫煙者はニコチン中毒でニコチン依存者です。体からニコチンがなくなると体がニコチンを要求します。この強い欲望に打ち勝つめにはタバコをなぜやめるのかをしっかり持っていないと屈してしまいます。

 

脳がドーパミンを出して気持ちいい感覚が欲しいために体にニコチンを要求します。その欲望はかなり強く、やめる理由をしっかり持つ必要があります。

 

やめる理由が経済的なことだとするとタバコ代1ヶ月15,000円もったいない、別のものに使いたいもしくは節約するぞというしっかりとした気持ちで欲望に打ち勝つしかありません。理性をしっかり持つことにより、タバコに手に行くところを心でシャットアウトできるのです。

 

タバコをやめる理由はあなたが思ったことです。「最近、タバコを吸いすぎて喉があまり調子よくない、タバコを少なくしようもついつい

吸ってしまう、体に良くないしやめてみよう」でもいいです。あなたは喉の調子を良くしたいと思ってタバコをやめたという心をしっかり持っていれば、体がタバコを欲してもここで吸ってしまうとまた喉の調子が悪くなる。だから吸うのを我慢しようとなるはずです。

 

やめる理由をしっかり持っていないとどこでも手に入るタバコをやめることはできません。欲望に屈してついつい1箱だけならいいだろう、人から1本だけもらってもいいだろうと思ってしまいます。

 

全ての依存症は必ずちょっとだけならいいだろう、今日だけならいいだろうという言い訳を作ってその行動をやめることはできません。

 

これは悪いと思ってても都合のいいことだけ考えて行動してしまいます。依存症に打ち勝つにはそれを断つしかないのです。その行動を断つにはやめると思ったしっかりとした理由が必要になってくるのです。

 

2.継続するのに必要

禁煙を継続する上で、やめる理由をしっかり持つことが必要です。

今までと違う行動をするにはしっかりとした考えが必要になってきます。

 

ダイエットしようと思ってもなかなか続かなかったことはないでしょうか。明日からジムに行って体を鍛えようとして何日かしてそれほど結果が伴わないので、ついつい3日坊主で終わってしまったという経験は誰にでもあるはずです。明日からやろうとか先延ばしにして色々理由を作りなかなか継続することができないのではないでしょうか。

 

動物は変化に弱いです。今までしてなかったことを実施するということはかなりの理由がなければ継続するのは難しいです。

今までと同じ行動、余計な行動をしないで平和を保ちたいという欲望が動物である人間にはあります。変化を嫌うのです。

だから、苦労を伴う、今までと違う行動にかなりの抵抗があります。

 

では、変化した行動をするにはその行動をするための強い理由が必要になってきます。

喫煙者がタバコをやめるという今までと違った行動をするにはタバコをやめる理由をしっかり持ってないと、やめるという変化を続けることができなくなってしまいます。

 

以上、2つのことから禁煙するにはタバコをやめる理由をしっかり持つということが一番大事になってきます。

 

やめる理由をしっかり持っていて、誘惑に負けそうになった時、禁煙を継続する気が無くなった時に自分がタバコをやめようと思った理由をもう一度考えてみてください。

 

1本くらいいいだろう、1本だけ吸ってしまって、それからまた吸わないようにしようと思うことは禁煙中よくあります。

 

その時に再度やめようと思った理由をしっかり思い出して、今やめなければ変われないとしっかり考えて禁煙を続けてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ヘビースモーカーがなぜタバコをやめようと思ったか(後編)

f:id:mitsuru-inte-r:20190906224558j:image

 

ヘビースモーカーであった私の禁煙体験談をお伝えしようと思います。少し前に下記の内容で(前編)をお伝えしてます。今回は後編をお伝えします。

 

 

 


私はどのようにして禁煙を開始して、なんで失敗したのかの体験談になってますので、禁煙チャレンジしようと思ってる人の参考にしてください。

 


・3回目は6年前

3回目の挑戦は6年半前に同じ会社で職種変更した時です。この時は職種変更することで1週間ほどの期間の研修をしなければならなくなった。研修は研修所に泊まり込みで喫煙時間が決まっているためストレスになるだろうと思い、研修行く前に辞めようと思ったのが3回目の禁煙チャレンジとなった。

ただ実質はこの前にも何度かチャレンジしてるはずだがかなりの短期間しか禁煙できずにいたはずです。

 


この時もそこまでタバコを止めるのに苦労した記憶はないです。ただタイミングは見計らってやめていて、土曜日・日曜日と休日から禁煙スタートしてたと思います。

このブログでは何度か話してる通り、禁煙する際は最初の2,3日が非常に重要になってくるので、なるべく喫煙の環境がないところからスタートしなければ禁煙スタートした途端失敗したりする羽目になってしまいます。

 


この時も順調に禁煙できてたんだけど、目的だった研修が終了した日に先輩と飲みに行くことになって、研修からの開放感と研修期間のタバコの制限がストレスになると思ってやめていため、急にストレスから解放されたことから、ついついアルコールを飲んで1本お化けに屈してしまった。

 


・4回目は1年半前

もう何回禁煙するんだよと思われても仕方ないくらい禁煙チャレンジしてるんだけど、この時は正月に入って2、3日目のタイミングを見計らって禁煙にチャレンジ。会社に行かない時を見計らって禁煙開始しました。

晦日と元旦は親戚の集まりとかあるので、そこからチャレンジすると必ず失敗するので、それが終わって、喫煙者がいない状況での禁煙スタートです。

 

前のブログで禁煙への3つの成功法則でも禁煙はタイミングと言ってます。

詳細は次をみてください。

 

 

この時は5ヶ月くらい禁煙してたんだけど、禁煙4ヶ月目に転勤、違う場所に行って飲み会に参加、4人中私以外はタバコ吸ってて、またもやもらいタバコをしてしまった。

異動した後とかはどうしてもコミュニケーション取るために深酒とかしてしまう傾向にあり、精神的にも環境が変わるのはかなりの負担があるのか、ついつい1本お化けに負けてしまう傾向にあります。

いつも失敗は飲み会からです。

 

・5回目は3ヶ月前

今回のきっかけは金曜日の日に一緒にタバコを吸ってる同僚がタバコやめようかなと言い出したので、いいきっかけだなと思い、「禁煙対決しよう」と決めた。

勝負は1年、1年後タバコ吸ってなかった方に5000円を与えるという方法で勝負でした。

なぜ1年にしたかというと1ヶ月にしてしまうと1人吸ってしまうと勝った方がお金をもらって、そのまままた喫煙しそうだと思ったからです。

やはり、私の同僚は1ヶ月で、断念してしまいました。

 

私はそのまま禁煙続けれています。いいタイミングを作れて禁煙できたなと思ってます。

 

何回も言うように禁煙を実行に移すにはタイミングを作ることが大切です。

それと続けるには続けやすくする方法も考えなければなりません。

禁煙初期の段階でも喫煙者とどうしても仕事しなければならなかったりする場面はよくありますが、私はその時はこう思うようにしてタバコを吸わないようにしています。

「ラッキー、副流煙が吸えるから少し禁断症状を和らげることができる」

 

こんな感じで禁煙開始して3ヶ月がたとうとしているところです。

もう間違っても1本お化けに負けてタバコを吸い出すことにならないようにしたいです。

現状はタバコに手を出す気はもう一切ありません。先週くらいに急にタバコを吸いたくなったというのがあったけど、そこを乗り越えて禁煙続けてます。

 

今回は私の禁煙チャレンジ&失敗、トライ&エラーの経験談「ヘビーヘビースモーカーがなぜタバコをやめようと思ったか(後編)」をお伝えしました。